読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多くのことを中途半端に知るよりは何も知らないほうがいい。

双子育児。世相。飯。野球。おじさん。

おじさんとして生きる⑬~おじさんよ!永遠に…

連載をしてきました「おじさんとして生きる」も最終節となりました。いかがでしたか?

この連載を通して、おじさんという存在を少しでもご理解いただけたなら幸いです。

おじさん界のオーソリティーとして活動をしている私のもとには日々、全国のおじさんからの相談がきます。それについての回答をもって最終節に代えさせてください。

では、スタート。

Q:若者に「おじさん」と呼ばれると腹が立ちます。自分がおじさんだという自覚はあるのですが腹が立ちます。私は修行が足りないのでしょうか?

A:その若者が「見たまま」を口に出していることに腹が立っているのです。私の義理の祖母は車に乗っていると見たままを口にするという謎の症状を発症するのですが、正直、私はそれに腹が立っています。「あ、信号赤よ」「人が歩いてる」「自転車がいるわ」など車にのっている間中、言っておられます。腹が立ちます。猛烈にイラつきますよ、正直。ただ…それを私が指摘しても「見たまま」口に出しているという意味では祖母と同じ穴の狢です。「見たままをいう工夫のない可愛そうな若者だな」と納得し瓶ビールを飲んでればいいんです。

Q:自分も若者より経験があります。その経験を若者に伝えて少しでも役に立ちたい思いがあります。しかし若者に説教だ…昔話だ…とうざがられるのではないかと心配です。うざがらないで伝える方法はないでしょうか?

A:うざがられないで伝える方法はないですね。発見されていればノーベル賞を受賞しているはずです。「うざがられてもいい!と割り切って伝える」か「うざがられるのは嫌だから止めて瓶ビールを飲む」の二拓です。後者をおすすめします。

Q:若者の車離れについてどう思いますか?

A:私も車に乗りません。免許は一応所有していますが、ツタヤでカードを作るのに便利というのと原付に乗るぐらいにしか活用したことがないです。そもそも私の場合は車の運転が性格的に向かないのです。正確には車の「運転ができない」のです。その点については関係各所にご迷惑をかけています。すみません。
若者の車離れ…ですか。おじさんが車を楽しんでないからじゃないですか?なんとなく小金があるので外車にのったり、家族がいるからミニバンみたいな車選びをしてるおじさんを若者が見ていて「あ、車たのしくない」と思ってるんです。どうか赤いスープラかゴールドメタリックのレパードに乗って車ライフを楽しんでください。「あのおじさん見てると、車って楽しそうだな」と若者がなれば車を買う若者は増えます。ちなみに車の運転をしないと旅先のそば屋でいつでも瓶ビールが飲めます。車乗らないおじさんの唯一のメリットです。

Q:子どもがユーチューバーになりたい!と言っています。止める方法を教えてください。

A:「そんなんで食えるか!」「サラリーマンになれ!」「店を継げ!」などの止め方はダメですね。「俺はこんなちっぽけな定食屋で終わりたくねえんだよ!」と子どもが家を飛び出してしまいます。数年後には風俗店の看板を持って歩く仕事になり道に座り込んでタバコをふかすことになります。
そうですね…「じゃ、俺もやる」と言って、実際に動画を投稿してみたらいいんじゃないでしょうか?「会社にローラースケートでいってみた」「夜中の3時に上司に電話してみた」「プロ野球チップス10万円分買ってみた」って感じのヤツ。それを見て子どもがどう思うか?ってことじゃないですかね…。案外「おじさんユーチューバー」として成功するかもしれませんし…。あとは瓶ビール飲みながら「ふーん」って言うか…だと思います。ま、そこまで止めることでもないんじゃないですか?

Q:銀行に記帳台に置いている老眼鏡を戯れでかけてみたらクッキリ見えました。老眼でしょうか?

A:その現象は私にも起こっているのですが、自分で老眼鏡を買うまでは老眼ではないと思っています。キリンの瓶ビールのラベルの「キ」「リ」「ン」探しもできてますし。買うんだとすれば高木美保みたいにチェーンがついたやつにしたら面白いと思います。

Q:おじさんになると胸派からお尻派になる…といわれていて信じていたのですが、いまだに胸派です。どうしてでしょうか?

A:私の親父が女子バレーボールチームの応援をしているのですが「背が高いから」だそうです。私が背が高い女性が好きなのは完全に親父からの遺伝です。このように経年よりも遺伝的要素が強いことが実証されています。お尻派になったと主張する人は若い頃は周りに流されて胸派を気取っていただけで、そもそもお尻派だった…と考えています。この手の話題はおじさん界では非常に瓶ビールが旨くなる話題として重宝するので、周りのおじさんと議論してください。

Q:おじさんになると演歌を聴くと思っていたのですが…聴きません。先輩おじさんたちはいつから演歌を聴いているのでしょうか?

A:富士そばで瓶ビールを飲んでいると心の隙間に演歌が入り込んだ…その瞬間から演歌を聴いています。

みなさんも何かに悩まれたら悩み相談DYIで解決すると他人に迷惑もかけませんしいいですよ。

それでは…。